【逸品】 GUCCI ゴースト ブレスレット サイズ20 ブレスレット


シンバルスタンド

【逸品】 GUCCI ゴースト ブレスレット サイズ20 ブレスレット

ワンピース ボア・ハンコック SR パラレル

電力節約のマメ知識

【逸品】 GUCCI ゴースト ブレスレット サイズ20 ブレスレット

 電化製品を買うときなど、古い家電の処分には、「家電リサイクル法」により一定の金額が必要なことは知っている人は多いでしょう。しかし、料金がどれぐらいかかるかをはじめ、詳細がよくわからないという人もいるのでは。家電リサイクル料金について詳細を解説します。

【逸品】 GUCCI ゴースト ブレスレット サイズ20 ブレスレット

 家電製品を購入する際、注意しておきたいのが「家電リサイクル料金」で、商品の購入代金のほかに必要となるものです。この家電リサイクル料金というのは、2001年に施行された「家電リサイクル法」によって定められていて、主に

京商ミニッツ スペアボディ2台セット
・テレビ
・冷蔵庫・冷凍庫
茶道具 六代目 丹嘉(大西重太郎)作 伏見人形 犬香合 共箱 C 4970

という特定の家電が対象。有用な部品や材料をリサイクルするための料金を、消費者が負担することが義務づけられています。

小野健斗 写真 187点

 実は家電リサイクル料金は一律ではなく、メーカーごとに自由に設定が可能。そのため、同じ種類の家電製品でもメーカーが違えば必要な料金が変わってきます。さらに料金改定がほぼ1年ごとに行われているので、支払うべきリサイクル料金を知るには、その都度、一覧表などと照らし合わせることが必要となります。

 また、家電リサイクル料金とひとくくりにして言っていますが、その内訳は、「収集・運搬料金+資源再生するための再商品化料金(リサイクル料金)」。これらの料金は販売店やメーカーが自由に設定できるのですが、だからといって必要以上の金額を請求される心配は無用です。家電リサイクル法では適正な価格をつけるよう定められており、消費者側が納得できるような金額ではない場合、国から指導が入ることもあるようです。

【逸品】 GUCCI ゴースト ブレスレット サイズ20 ブレスレット

FUTABA フタバ T6K 、受信機 R3006SB

【送料込】★旧車★当時物ラジコンホイールセット★ドリフト★AE86ミサイル仕様★
・972円(税込)

【No.20】ブルーアイズ・ホワイト・ドラゴン  青眼の白龍 初期
●ブラウン管テレビ
・小(15型以下):1,836円(税込)
・大(16型以上):2,916円(税込)
●液晶・プラズマ式テレビ15型以下/1,836円(税込)
・小(15型以下):1,836円(税込)
・大(16型以上):2,916円(税込)

【冷蔵庫・冷凍庫】
・小(170リットル以下):3,672円(税込)
・大(171リットル以上):4,644円(税込)

【洗濯機】
・2,484円(税込)

※一般財団法人家電製品協会(2016年10月時点・編集部調べ)
※上記料金のほかに収集・運搬料金が必要

 各製品のリサイクル料金はメーカーを問わず、上記の料金が相場となっていますが、あくまでも“家庭用”として販売されたもののみが対象。業務用として販売されたものは対象とはならないようです。

 その他の注意点としては、

・セパレート型のエアコンは室内機と室外機1セットの料金。ただし、室内機または室外機を単独で出す場合も料金は同じ
・テレビチューナー内蔵のPCモニターは家電リサイクルの対象外(※PCはメーカーまたは「パソコン3R推進協会」などが回収・リサイクルを実施)

湊あくあ 超BIGぬいぐるみ ホロライブ&クリアファイル 湊あくあ 白上フブキ

【逸品】 GUCCI ゴースト ブレスレット サイズ20 ブレスレット

 家電リサイクル料金の支払い方法は、家電量販店などの販売店経由か、郵便局で支払うという2種類の方法があります。いずれの場合も「家電リサイクル券」というものに必要事項を記入し支払う形で、1製品につき1枚が必要です。

 支払いを完了したら、あとはリサイクルする家電の引き渡しだけですが、買い替えに伴うリサイクルであれば販売店の指示に従うだけですが、それ以外の場合は、機器を購入した店舗や住んでいる自治体などに引き取りを依頼することになります。

 このとき、自治体が指定する「指定取引場所」に自分で持っていけるようなら、家電リサイクル券とともに持っていくことで、収集運搬料を節約することも可能です。収集運搬料は、家電量販店なら買い替えで600円台、回収のみは2,000円台が相場なので、無理せずに自力で運べるようなら運んでしまうのもありかもしれません。

 ただし、事前に指定取引場所に連絡し、日時の調整は必須です。連絡をせずに持ち込んだ場合、長時間待たされてしまうケースもあるようなので注意しましょう。

 今回は家電リサイクル法に定められた家電製品についてリサイクル料金を見てきましたが、リサイクル料金はメーカーごとに違うとはいえ、横並びで一律なのが現状です。

 家電リサイクル料金は義務とはいえ、できれば安いほうがうれしいもの。より安くすますためには、買い換えの際に家電量販店などで引き取ってもらうのがベターですが、リサイクルショップに売る、ネットオークションに出品するという方法もいいのでは。

 家電製品は「特定家庭用機器」「小型家電」「PC」「粗大ごみ」などに分類できますので、それぞれに合わせた正しいリサイクル方法を行いましょう。



記事提供:@niftyでんき

【逸品】 GUCCI ゴースト ブレスレット サイズ20 ブレスレット


UNTEMPSPOURSOI46.FR RSS